「目標を壁に貼り出す」ことがもたらす3つの効果

飛永けいご
飛永けいご

どうもライフハック大好き人間の飛永(@chiritsumo_blog)です。

今日は紙を部屋に貼り出すことのメリットを紹介していきます。

私が張り出しているもの

私はデスクの裏側の壁に

  • ミッションステートメント
  • 今月の目標
  • モーニングルーティンの内容

の3点を張り出しています。

ミッションステートメント

ミッションステートメントをビジュアル化したポスターを貼っています。

詳細はこちらの記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

ミッションステートメントボード制作のススメ【実践のための】

今月の目標 DOBEDON’T

こちらの記事で紹介している月ごとのDOBEDON’T目標、すなわち、やること・なりたいもの・やめることを記入したホワイトボードを貼っています。

単調で退屈な生活に蹴りをつけるために。DO/BE/DON’T目標を毎月設けてみる。

モーニングルーティンの内容まとめ

毎朝モーニングルーティンとして自分を高めるためのさまざまな習慣に取り組んでいます。

内容が多く記憶するのが大変なので、やることを順番ごとに並べてまとめたルーズリーフを壁に張り出しています。

モーニングルーティンの内容はこちらの記事でご紹介しています。

私がモーニングルーティンでやっている10のこと

壁に貼り出す効果

意識の変容につながる

自分の意識を変容させる効果があります。

デスクに向き合う間ずっと目に入っているので意識する機会が圧倒的に増えます。

壁に貼り出すまではミッションステートメントも定めてはいたけども、全く意識できておらずしたがって行動にも移しようがない、かりそめの言葉という状態でした。

しかし壁に貼り出して意識する機会が増えてからは、選択や決断の機会にステートメントが想起される機会が増えたのを実感しています。

行動指針やミッションステートメントのような意識にすりこんで行動につなげる目的を持つものを貼り出すのがオススメです。

行動化につながる

書いてある内容を実際の行動につなげる効果があります。

というのも「習慣をやる」という最終動作に至る前の手数が減るからです。

たとえばスマホのアプリにやることをまとめていたら

ルーティンを始めようとする→スマホを取り出す→ロックを解除する→メモアプリを開く→ルーティンの内容が書いてあるメモを開く

という多くの手順が必要になります。

しかし、貼り出しておくことで

ルーティンを始めようとする→壁を見上げる

でルーティンを確認できるようになります。

ハードルとなる手数を減らすことで、実際に行動に移せる可能性が高まります。

そのため、習慣化したい行動を貼り出すのがオススメです。

毎日の習慣を貼り出すことで、忘れずにそれをこなせる可能性が高まります。

高尚なものに思えてくる

自分にとって大事な内容を貼り出すのもオススメです。

というのも、壁に貼ってある、というだけで貼ってある内容がより一層大事なものに見えてくる効果があるからです。

おそらく頭の中に

壁に貼ってあるもの=大事なもの・遵守すべきもの

という認識があるためだと推測しています。

まとめ

本記事では「壁に貼り出す」ことの効果をご紹介しました。

  • 意識を変容させる効果
  • 行動におとしこみやすくなる効果
  • 大事なものだと脳に認識させる効果

みなさんもぜひいろいろなものを壁に貼り出してみてください!

飛永けいご
飛永けいご

貴重なお時間で最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!