Dynalistで書いたブログの下書きをGutenbergにコピペする時に起きる問題の解決方法

こんな人に読んでほしい

DynalistやWorkFlowyなどのアウトライナーでWordPressブログの下書きを書いている人

飛永けいご
飛永けいご

どうもブログ大好き人間の飛永(@chiritsumo_blog)です。

みなさんはどのようなツールを使用してブログを書いていますか?

私はDynalistというアウトライナーを使用して、ブログの下書きを書いています。

WordPressの公式エディターであるGutenberg上で直接文章を書いてそのまま投稿できると効率的ではありますよね。

しかしGutenbergは文章の構成の変更がしにくい、という弱点があるため、文章の再構成や修正が容易なアウトライナーを使用しています。

Dynalistで書いてGutenbergで編集・投稿のブログ執筆プロセスの際に、不便な問題が一つ発生していたのですが、その解決策を見つけることができました。

同じ問題でお困りの方も全世界にはきっといるはず!

ということで、今回はその問題と解決策を皆さんに共有します。

問題

アウトライナーで記入した文章を直接Gutenbergにコピペすると、すべての文が一つのブロック扱いになってしまうのです。

Ctrl+V、つまり通常の貼り付けですとこちらの画像の上部のように一つのブロックで箇条書き扱いになってしまいます。

それではと、Ctrl+Shift+Vで「書式なしの貼り付け」を試してみると、画像の下部のように一つのブロック・段落となってしまいます。

これでは見出しなどの装飾も入れられませんし、段落間のスペースがなくびっちりと詰まった文章になってしまうので読む気も削がれてしまいます。

応急措置として今までは、段落分けしたい箇所をカーソルで選択しEnterを繰り返し、手動で段落分けを行っていました。

文章作成を効率化するためにアウトライナーを使用しているはずが、このような非効率な作業をするはめに。

どうにかならないものかと考えあぐねていました。

「Dynalist WordPress」と検索してみると、多くの方々が私と同様にDynalistで下書きをつくり、WordPressで公開している一方、この問題で悩む人もいなければ当然解決策も公開されていませんでした。

解決方法

1時間の試行錯誤の結果、この問題を解決する方法を見つけました。

ポイントはGoogleドキュメントを一度通過させることにありました。

Dynalistで文章をコピー

作成した文章をCtrl+Aで全選択し、Ctrl+Cでコピーします。

Googleドキュメントにテキストを貼り付け

ご自身のGoogleアカウントにログイン後、Googleドキュメントを開き、適当なドキュメントを新規作成します。

https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

開かれたドキュメントに、Ctrl+Shift+Vを押してテキストをペーストします。

注意
このときCtrl+Shift+Vでペーストすると以下の画像のように箇条書きになってしまうので、必ずCtrl+Shift+Vでペーストしましょう。

Googleドキュメント上のテキストをコピー

Ctrl+Aでテキストを全選択したあと、Ctrl+Cでコピーします。

Gutenbergでテキストを貼り付け

Gutenbergを開き、エディターにカーソルを合わせ、Ctrl+Vでペーストします。

すると、最初にアウトライナーで書いた1アイテム(1ドット)が1ブロック・1段落として扱われた状態で、Gutenberg上にテキストが表示されます。まさしく理想通りですね。

あとは見出しづけや色変更などを行って、記事を投稿するだけです。

注意
このときCtrl+Shift+V、つまり書式なしで貼り付けしてしまうとうまくいかないので注意。またしても、テキストすべてが1ブロック扱いとなってしまいます。
MEMO
Googleドキュメント以外の場所でも問題なくできるのでは?と思い、メモ帳やさまざまな入力フォームで、同様の手順を試してみましたがうまく行きませんでした。

ひとまずGoogleドキュメントを使用するのが確実です。

まとめ

というわけで今回はDynalistでブログの下書きを書いた際のテキストが1ブロック扱いになってしまう問題の解決方法をご紹介しました。

一つのブロックに固まったテキストを段落に細分化する作業に10分ほど費やしていましたので、ブログの執筆工程がかなり効率化されました。

これを契機にブログをバンバン書いていきたいと思います。